カリスマモデルの知花くららさんがNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で 本格女優デビュー

post250-1

【ドラマ】知花くらら、「花燃ゆ」で本格女優デビュー!津田梅子役で最終話登場

モデルで国連WFP日本大使の知花くらら(33)が、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(日曜後8・0)で本格女優デビューすることが10日、分かった。

津田塾大の創立者、津田梅子役で、12月13日放送の最終話に登場する。
撮影前日に梅子の墓前で手を合わせた知花は、鹿鳴館での社交ダンスシーンなどに挑戦。
「一歩一歩、成長できるように頑張ります」と、女優でも飛躍を誓った。

2006年にミス・ユニバースの日本代表に選ばれ、世界2位の栄誉を獲得した
カリスマモデルが、大河ドラマで新たな魅力を開花させる!

劇中で演じたのは、女子教育の先駆者として知られる津田梅子。
明治4年に6歳で米国に留学し、帰国後の同33年に女子英学塾(現津田塾大)を設立した“女傑”だ。

知花自身も上智大時代にフランス、スペインに留学。
現在はWFP(国連世界食糧計画)日本大使として発展途上国の子供に
給食や教育を提供するため尽力しており、NHKの土屋勝裕プロデューサーは
「梅子役は、聡明(そうめい)さと気品を兼ね備えた彼女しかいない」と期待を寄せる。

知花はデビューした06年に配信限定の短編映画「白昼夢」に主演したことはあるが、
本格的な芝居は今回が初めて。これまでモデルや国連の活動を軸に行ってきたが、
「もっと表現の幅を広げたくて、一歩を踏み出しました」と女優業に進出。

役作りにも熱心で、津田塾大の梅子の資料室に足を運ぶなど文献を読みあさり、
撮影前日には墓前に「演じさせていただきます」と報告した。

知花は物語のクライマックスに登場。文明開化の象徴だった鹿鳴館の社交界シーンで、
井上真央(28)扮する主人公、美和と女性教育の必要性を語り合ったり、
ドレス姿で華麗に踊るなど堂々と演じ切った。

撮影を終え、「すごく緊張しましたが楽しくできました。反省ばかりですが、
私の一歩を温かく見守って」と照れ笑い。今後はモデルと女優を両立させ、
「私のイメージとは違う役をできるような役者さんになりたい」と瞳を輝かせた。

◆知花 くらら(ちばな・くらら)
1982(昭和57)年3月27日生まれ、33歳。沖縄・那覇市出身。
2006年に上智大文学部卒業。同7月にミス・ユニバースの日本代表として世界大会2位に輝く。
モデルとして活躍しながら、07年からWFPのオフィシャルサポーター、13年からは
日本大使として社会活動に貢献。現在はBSジャパン「テレビ日経おとなのOFF」(日曜後10・0)などに出演中。英仏西の3カ国語が堪能。1メートル73。
・女優、知花くららは麗しいドレス姿で大河ドラマに華を添えた=東京・渋谷(撮影・高橋朋彦)

post250-2

http://www.sanspo.com/geino/news/20151011/geo15101105050005-n1.html

5

この人はホントに美人

9

ミスユニバース出身で活躍しているのって、この人ぐらいだよね

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444510241/
スポンサーリンク
pon9-レク大
pon9-レク大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
pon9-レク大

コメントをどうぞ