4代目“相棒”の反町隆史にみなさん絶賛しております。視聴率も18.4%と好スタートやでー

‚m‚g‚j‘å‰Íu”ªd‚̍÷vo‰‰ŽÒ”­•‘æ“ñ’e ”½’¬—²Žj

【芸能】「GTO」以来のハマリ役…4代目“相棒”反町隆史に相次ぐ称賛

4代目“相棒”に反町隆史(41)を起用した水谷豊主演ドラマ「相棒Season14」(テレビ朝日系)が視聴率18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切って話題になっている。

この数字は今年放送された民放連ドラの初回視聴率でトップ。新“相棒”が反町に決まるまでは
いろんな俳優の名前が飛び交うなど紆余曲折あったものの、ドラマに対する視聴者の関心の高さが裏付けられた形だ。

コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「まずは水谷さんと反町さんの関係性が新鮮でした。これまでの相棒は全員が警察官で、キャリアである水谷さんとの上下関係はハッキリしていました。
しかし、今度の反町さんは法務省という“本籍地”を持っていて、しかもキャリア官僚。
水谷さんベッタリではなく互いに腹の探り合いをしながら事件も解決していくという設定が目新しかったです」

もちろん、反町自身の存在感も大きく貢献している。ネット上には「反町かっこいい」「なんか立っているだけでかっこいいのはなぜだ」
といった書き込みが相次いでいるが、前出の桧山氏もまったく同意見だ。

「40歳を越えたキムタクが相変わらず茶髪で若ぶっているのとは正反対に、反町さんは“いい年の取り方したな”と感じました。
演技力も『GTO』をやっていた頃と比べると段違いに深化している。“間”の取り方とか目線、セリフ回しなどあらゆるしぐさが意味ありげで、
ひとつ間違えれば“クサい演技”になるギリギリの線をついている。視聴者をクギ付けにしたのも納得です」

ここ数年は飼っていたドーベルマンが隣人に噛み付いて裁判沙汰になったり、
仕事が少なすぎて“松嶋菜々子の髪結いの亭主”とまで呼ばれたりと散々だったが、ようやく「GTO」以来のはまり役に巡り合えたようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00000011-nkgendai-ent
日刊ゲンダイ 10月17日(土)9時26分配信

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445043605/
スポンサーリンク
pon9-レク大
pon9-レク大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
pon9-レク大

コメントをどうぞ