1冊6万円の謎の本「亞書(あしょ)」を国会図書館に納本で136万円の利益

post703-1

1冊6万円の謎本、国会図書館に納本で136万円の利益 出版社「本の内容に意味はない。芸術作品だ」

1冊6万円謎の本、国会図書館に 「代償」136万円

ギリシャ文字などを無作為に打ち込んだ1冊6万4800円(税込み)のシリーズ本が、国立国会図書館に 78巻納本された。納本された本の定価の一部などを発行者に支払う仕組みがあるため、すでに42冊分の 136万円余が発行者側に支払われている。納本は法律で義務づけられているが、ネットでは疑問の声が 上がり、同館も支払いが適正だったのか調査を始めた。

問題の本は、りすの書房(東京都墨田区)が発売した「亞書(あしょ)」。同社によると2月にネット書店
「アマゾン」で販売を開始。112巻まで作成し、最終的には132巻まで出す予定という。A5サイズで 480ページのハードカバー。各ページとも縦12センチ、横9センチの枠内にギリシャ文字やローマ字が並び、
ページ数は振られておらず、全く同じ内容のページもある。国会図書館へは3月ごろから10月にかけて 78巻までが1部ずつ納本された。

同館は納本された本の定価の5割と送料を「代償金」として発行者に支払うことが国立国会図書館法などで 定められている。2014年度は、約15万点に対し約3億9千万円の代償金を支払った。「亞書」は目録作成中のため 館内での閲覧はまだできないが、同館のホームページの蔵書リストに載ると、ネットで「代償金目当てでは」と炎上。
りすの書房は10月26日以降、アマゾンでの販売を取りやめている。

同社は2013年3月に設立され、代表取締役の男性(26)が1人で運営。男性は朝日新聞の取材に対し
「自分が即興的にパソコンでギリシャ文字を打ったもので、意味はない。本そのものが立体作品としての 美術品とか工芸品。長年温めてきた構想だった」と説明。題名も「ひらめいて付けた。意味はない」。
著者のアレクサンドル・ミャスコフスキーは「架空の人物で、作品のイメージとして記載した」と話した。

★ソース 朝日新聞
★残りは会員限定記事
http://www.asahi.com/articles/ASHBY3VSMHBYUCVL008.html

納本制度

納本制度は、一国の国民の文化的営為を記録した財産である出版物を特定の機関に集積、整理、保存し、国内出版物の書誌情報の総目録である全国書誌を作成することを主たる目的として行われている。さらに国と時代によっては、著作権の登録を行うためであったり、出版物の検閲を行うためであったりしたこともある。
納本図書館には各国の国立図書館(国立中央図書館)が指定されるのが通例であり、多くの場合、出版者は新たに刊行しようとする出版物のうちの最良の版数部を、これに納本する義務を課せられる。国立図書館はこの制度を通じて、出版物の網羅的コレクションの構築、永久的保存をはかり、それによって自国のすべての出版物に対する国民のアクセスを保障し、あらゆる出版物の散逸を防止し、全国書誌を作成するといった国の中央図書館、ナショナル・ライブラリーとしての役割を果たすことができる。

逆に言えば、国立図書館がその機能を発揮するためには納本制度に基づく網羅的コレクションの構築は不可欠の要件である。
しかし、一口に納本制度といっても、その制度化と実質的な運用は、各国の出版業界、国立図書館制度、法制などの事情によって様々である。第二次世界大戦後の日本においては国立図書館が直接に納本を受け、納本された出版物は国有財産となるが、国と時代によっては契約による寄託として所有権は受託者に移転させないもの、国立図書館とは別の機関が受け取って国立図書館に交付あるいは寄託するもの、などさまざまな制度がみられる。

wikiより

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%8D%E6%9C%AC%E5%88%B6%E5%BA%A6

>>1

★会員限定部分の要約

・1冊の作成に3万円強かかっており、アマゾンへの支払いを差し引くと利益は6千円 妥当な価格
・1冊も売れていないが代償金目当てではない
・10万円の楽譜を作った時に、客から「高くて買えない、国会図書館に納本して」と依頼があり、それから納本し続けている
・本は国会図書館の納本要件を満たしている
・国会図書館では、返却に向け出版社の男性と競技する旨を伝えた
・米英では代償金の仕組みはない

5

逮捕待ったなしなので言い訳が必死だな

6

消えたブログでだまくらかすみたいなこと言ってたのには追求しないんだな
朝日もまだまだだわ

7

本だけど本じゃないのか
CDだけど握手券みたいだな

16

480ページのハードカバーって結構すごいな
金銭目当てならもうちょっと手を抜けよ

17

常識で考えたらクソ野郎と言いたくなるけれど
今回はこいつの勝ち
こいつを否定したとしたら、出版物の大半を否定することになる

18

顔と住所と履歴と年齢全てネットにぶちまけろ、この盗っ人
エンブレム佐野の次はおまえか!

28

こんなの元々ネットに落ちてて騒がれていたやつを
朝日新聞がピックアップして「報道」しやがったら
必ず便乗するやつが現れるぞ。

29

これって1冊1億円の本出版したら
国会図書館でお買い上げしてくれるの?

42

こんなん
よく考えるなあ…

つか
ここまでする手間を考えたら
普通に働けよ(^_^;)

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446332840/

スポンサーリンク
pon9-レク大
pon9-レク大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
pon9-レク大

コメントをどうぞ