スシローが高級ずし店をオープンします。客単価は4000円以上だよ。

post914-1

【寿司】スシロー、東京・中目黒に高級寿司店をオープン 客単価は4000円超、熟練の社員が握る

http://ryutsuu.biz/topix/h111301.html

あきんどスシローは11月16日、東京・中目黒に新業態「七海の幸(ななみのさち)」の1号店「七海の幸 鮨陽」をオープンする。

今年1月29日にオープンした新業態のスシダイニング「ツマミグイ」の1号店「ツマミグイ中目黒店」をリニューアルし、業態転換する。
七海の幸は、都市部に限らず、住宅街や商店街周辺の寿司が好きなお客をターゲットにした業態で、シャリロボットを導入せず、
伝統的なにぎり寿司を、あきんどスシローの熟練した社員が握る。
改装により、ネタケースを備えたオープンキッチンを採用するが、カウンター席は設置しない。店舗面積は172m2で客席数はテーブル席で56席。

スシローの平均客単価は1000円程度だが、七海の幸の客単価は、ツマミグイと同水準で、ランチ1000円程度、
ディナーはアルコール込みで、4000円~5000円程度とした。
ツマミグイでは、ワインにあうメニューや女性が一口で食べれるメニューを意識したが、日本酒に合う伝統的な和の
にぎり寿司を打ち出し、通常の寿司店で1万円を超えるような商品を、ほぼ半額で提供できるような業態を目指す。
メニュー構成は、ツマミグイで好評だった一部のメニューを除き、ほぼ一新する。ランチではセットメニュー、
ディナーではコース料理も提供する予定だが、終日、アラカルトメニューの注文にも対応する。
1貫の寿司のほか、3貫盛、5貫盛といったメニューも充実させる。
ツマミグイは実験店舗の位置づけで、現在、赤坂見附店、新橋店の2店を運営している。1号店の中目黒店は、
一定の成果を得たため、業態転換をし、新たな業態開発を進めるという。

モスに続き、スシローも二極化か。
ま、客単価の高い層から「商品も客も安っぽいザマスね」とでも言われて、客単価の高い層と低い層を分けようという至極当然の結論に至っただけだろう。
この流れは、他のファストフードにも及ぶだろうな。牛丼とか、松屋あたりが真っ先に食いつきそう。

6

「寿司職人に熟練度なんて必要なし」って、あの著名人の言には賛同できないが、
この業態が成功するとも思えない。

11

安くて旨いのがスシローのいいとこ
高かったら普通のすし屋に行ったほうがいい

13

スシローはよくマグロは赤字で出しているというが、スーパーの
八切れ入り¥500位の刺身を寿司にして出した場合と比較したら
スシローは赤字どころかぼったくりもいいとこでしょう。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1447405821/

スポンサーリンク
pon9-レク大
pon9-レク大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
pon9-レク大