アメリカでは一人暮らしができない若者が増えてきています

post917-1

【米国】アメリカで「一人暮らしができない若者」が急増

http://forbesjapan.com/translation/post_10014.html

2008年のリーマン・ショックを経て成人したアメリカのミレニアル世代は、他の世代と比べ、
結婚せず、実家暮らしや友人とルームシェアで暮らす割合が高い、という調査結果が明らかになった。

最近の研究によると、25?34歳でルームシェアをしている割合は、2005年は5.7%だったのが2015年には
7.4%に増加している。「Make Room」経営ディレクターのアンジェラ・ボイドは、
「独立して一人暮らしをする年齢がどんどん遅れています。そのこと自体は問題ではありませんが、
ルームシェアはひとつの選択肢であるべきだと思います」と言っている。

一人暮らしをしないミレニアル世代が増えた理由は主に2つある。2007年にサブプライム住宅ローン危機が起こったため、
賃貸物件がかなり少なくなっていること。また、ミレニアル世代が社会に出たのは、リーマン・ショックの間、
もしくはその後なので、低賃金で失業率もかつてないほどに高かった。その結果、彼らは貯蓄や財産が少なく、
結婚して家庭を築く年齢が遅れていったのだ。

「Pew Research Center」の最近の研究によると、2010年には家を所有している若年成人層は2500万人で、
今でも2500万人のままである。心理学者の中には、ミレニアル世代が実家暮らしやルームシェアをする
最近の傾向は、社会的には良いことかもしれないが、経済的には良くないと言う人もいる。

専門家は、結婚して新しく世帯を持つ人が少ないことと、住宅復興の停滞はつながっていると考えており、
他の領域にも少しずつ影響が出るのではないかと見ている。アメリカの州毎に見てみると、
マサチューセッツ州はルームメイトが居る25?34歳の割合が13.2%と一番高く、次いでコロラド州が11.7%。
興味深いのは、ノースダコタ州は2005年に同居人のいる若者の割合が4%だったのが、2013年には10%と
大幅に増えたことだ。ボイドは、2倍以上に増えたのは石油産業の景気が良いからで、
理由は「単純に住宅が足りていないからだ」と言っている。ノースダコタ州はそもそも人口密度が高いところではないので、
最近の石油景気が住宅不足をさらに悪化させているのだ。

日本もアメリカも、若い世代が家や家庭を持つには厳しい時代のようだ

12

隣の部屋で学生とリーマン数人がシェアしてる。URの団地。

夏の夜は平日でもパーティーみたいに、ベランダで大声でダベリと喫煙。
タバコの煙がこちらの部屋まで入ってくる。文句言っても完全無視。
回覧板は数週間以上も滞る。

23

ルームシェアは欧州だと昔から当たり前

日本と違って寝室が多い&各部屋の独立性が高いので、快適だ

というか、ルームシェアじゃないと若者が一人暮らしなんできるわけ無い。
経済的に無理

28

アメリカの場合 経済の問題
日本の場合   甘え!

戦争に負けたのは当然だな!

43

どんどん格差が進んでるんだからそうなるわな
資本主義を続ける為には不動産価格を吊り上げ続けなければならず
家賃が上がる一方

45

俺の知り合いの若い奴も東京でルームシェアしてるわ。
7万円でワンルーム3部屋借りるより、-αで3LDKを借りた方が優雅に暮らせるらしいからね。

47

経済絶好調のアメリカがこれなのか・・
ヨーロッパとか日本より酷いらしいから先進国は全滅なのか。。。
伝統的な家庭環境を重視するイスラムや発展途上国の人たちが世界人口の大部分を占めるようになるんだろうね。

49

グローバル化で海外の労働者と競争するので、先進国の若者の賃金が低下している
働いて賃金を得るというシステムでは、どうしようもない

作ったモノをお金に変換すると価値が下がってしまう
ルームシェアだけでなく、自分たちで生産したモノをシェアしないと先進国の若者は
豊かになれないのではないか

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1447396732/

スポンサーリンク
pon9-レク大
pon9-レク大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
pon9-レク大