中国のインターネットの回線スピードが50Gbps、HD画質の映画を0.2秒でダウンロードできます。

post954-1

中国のネットスピードが常識知らずの50Gbps、HD映画1本を0.2秒で落とす事が可能に。

中国工業・情報化部(省)による試験・認証を経て、中国の「可視光通信システムのコア技術の研究」が、このほど重大な進展を実現した。通信速度は50Gbpsに達し、HD映画1本を0.2秒で ダウンロードできる速度となった。新華社が伝えた。

可視光通信は発光ダイオード(LED)照明の光を使うことで、光さえあればネット接続を可能にする、新型高速データ通信技術だ。中国の有名な情報専門家、中国工程院院士の?江興氏によると、 将来的に大規模な可視光通信が実現されれば、すべての照明が高速ネットワークのホットスポットになるという。人々はバスを待つ間、街灯の下で数本の映画をダウンロードできるようになる。
航空機や高速鉄道でも、LEDによりワイヤレスの高速ネットワークを利用できるようになる。

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-11/16/content_37078023.htm

5

明滅LED照明復活か

7

日本って遅れてるよね・・・

11

ぁゃしぃ・・・・

16

あくまで一対一の話じゃね?

18

NURO光が今年6月から10G開始してる

24

サーバー側が死んでまう

31

えこんなのできるならシリコンバレーが先に開発してるだろ
さすがに実用化は無理だよな?

34

中国って日本の10倍、アメリカの3~4倍ぐらいの市場があるんだもんな。

54

可視光だとノイズ対策が大変そうなんだけど。

67

高速道路をどんだけ高速化しても
そこから家までの間が変わらないから
あまり意味ないという

76

可視光でやる意味あんの?
人が通り過ぎるだけで遮断されたりしないのかな
街灯なんかだと虫やら埃やらで通信エラー多くなりそう

78

日本の10倍の市場があるから
新技術の開発にも躊躇なく投資出来るんだよな
日本市場では開発コストを回収出来ない

スポンサーリンク
pon9-レク大
pon9-レク大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
pon9-レク大