たいして儲かっていないのに、コンビニが「24時間営業」を止められない理由

post980-1

【経済】たいして儲かっていないのに、コンビニが「24時間営業」を止められない理由

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/19/news021.html

コンビニのセールスポイントの1つは、24時間営業だ。1975年6月、セブン-イレブンの福島県郡山市・虎丸店が
24時間営業を開始して以来、今では一部を除き、ほとんどのコンビニが24時間営業となっている。
しかし、その24時間営業に賛否両論がある。いつでも開いているという便利さの一方で、住宅街での深夜営業による騒音や、2
4時間エネルギーを使い続けることへの問題だ。特に人口の少ない地方では、「夜中もオープンしている意味があるの?」と、
経営側だけでなくお客さんからも問題視する意見がある。
今回は、コンビニの24時間営業が抱えるジレンマについて調査した。

コンビニで起きる犯罪
以前、「増え続けるコンビニに“限界”はあるのか?」という記事を書いた。この中で、働く人の人口が減少しつつあると同時に、
コンビニ1店舗当たりの人口も減っていると述べた。
深夜、従業員が1人しかいないのはなぜダメなのか。簡単なことで、防犯上の理由である。現在、コンビニ強盗などの犯罪を考慮し、
本部は深夜時間帯勤務2人以上を推奨しているが、アルバイト人口の減少は深夜時間帯に働ける人の減少も意味している
。実際、深夜時間のアルバイトが1人という店舗は少なくない。これはコンビニだけではなく、飲食業界の一部でも問題視されている。
下の表は警視庁が発表した『平成25年の犯罪情勢』だ。コンビニ強盗について見てみると、平成25年(2013年)は590件にものぼり、
強盗事件全体の17.7%をも占めている
平成21年(2009年)をピークに減少してはいるものの、毎日どこかのコンビニで発生している計算になる。
特に、0時~5時の発生件数は590件中419件、83.1%の割合で深夜に強盗が入っているのだ。
このように、強盗事件が深夜に集中しているのを見ると、コンビニ探偵としては昼間の強盗犯(171件)に
「なぜ明るい昼間にやったの?」と、逆に聞きたいところなのだが……。
強盗に押し入られて単に金を盗まれるだけならまだしも、報道されるニュースの中には従業員の生命を脅かすような事件もある。
コンビニの防犯体制として、深夜の2人勤務のほかに、防犯カメラや防犯ベル、カラーボールの設置などがある。
また、深夜の時間帯はレジ内の現金を減らすなど、長年の経験からさまざまな知恵と工夫が織り込まれているのだ。

知っている人もいるかもしれないが、コンビニには強盗事件に対する保険がある。本部で一括加入しているので、
安い保険料で店舗の経営は守られている。実際のところ、強盗に遭っても金銭的な被害はさほどではないのだ。
強盗に押し入られても保険がカバーしてくれるが、事件が増えれば保険料は高くなる。また、防犯をおろそかにし、
強盗が入りやすい状況を作るということは、犯罪に協力しているともとられかねない。信用問題にも発展する可能性がある。
深夜の時間帯に従業員が1人しかいないのは、防犯をないがしろにするような行為であり、商売人としては避けなければならないことなのだ。
ここまで読んで「強盗などの犯罪を考えると、深夜の時間帯は最低2人はいないとダメだね」と思われるかもしれないが、
実際はそう単純な話ではない。ほとんどのコンビニ経営者が抱えているジレンマがある。
それは、「深夜勤務手当」だ。労働基準法でいう深夜時間帯とは、22時から5時までの間のことで、
この時間帯は25%増しの賃金を支払わなければならないと定められている。
タクシーの運賃や一部のファミレスでも深夜料金が設定されているが、これらは従業員に支払う深夜勤務手当が起因となっている。
だが、コンビニでは深夜料金を設定していない。

ここで整理してみよう。
深夜の来客は少なく、売り上げも低い
深夜時間は従業員に25%多く給料を支払わなければならない
コンビニの商品粗利益(仕入れ値と商品価格の差)は、25%から30%の間である
深夜時間帯の販売にも、本部へのロイヤルティーは発生する

つまり、深夜時間はもうからない。もしくはマイナスである。
併せて、アルバイトだけの勤務にすると不正との戦いが待っている。以前、「敵は“味方”にあり? コンビニ内部不正、終わりなき戦い」
という記事を書いた。コンビニで起きる犯罪や事件というと、強盗や万引きなどを想像する人が多いと思うが、
実は一番多いのはアルバイトによる商品や現金の持ち出しなのだ。
深夜の時間帯はお客が少なくてただでさえ売り上げが伸びないのに、人件費は割増。
「アルバイトは1人でいい」と思っても、内部不正やコンビニ強盗などの犯罪の温床にもなりかねないので、
そういうわけにはいかない。ならば、防犯を考慮して2人雇えば人件費がかかる――。
各社コンビニチェーンはこのジレンマを解消するために、深夜時間の活用を考えた。

清掃業務
「コンビニはきれい」という印象を持っている人は少なくないと思うが、それには理由がある。汚れを目立たせないように、
比較的来店客数の少ない深夜時間に店舗のメンテナンスを徹底して行っているからだ。
納品
コンビニの商品はさまざまな時間で納品されるが、集中するのは深夜の時間帯である。チェーンにもよるが、1日の納品便の半分以上は深夜に納品される。
このように、深夜時間に昼間1人でもできる仕事を集中させることで、昼間は“売ること”に専念させた。と同時に、昼間の従業員数を減らすことができる。
当初、単純に長時間開いているお店としてスタートしたコンビニは、24時間開けておくことでさらに利便性を追求した。
しかしそれが、コンビニ強盗という犯罪を誘発。それを防ぐために深夜の従業員を増やすことになったが、
経営効率の悪さに気が付き、深夜時間帯の業務量を増やすことで効率を高めることにしたというわけだ。
深夜時間の活用も、よく考えられたシステムのように感じられるが、バランスが取れなくなると崩壊する。
バランスの鍵を握っているのが、各店舗の“売り上げ”である。
昼間でもお客が少なければその時間帯に清掃できるし、納品を深夜に集中させる必要もなくなる。
むしろ、深夜営業すら無駄となる。しかし、問題は売り上げが低いだけでない。ある程度の売り上げがあってもジレンマが発生するのだ。

アルバイトの人数を決めるのは来店客数である。来店客数が増えれば対応するアルバイトが必要になる。
しかし、一定の売り上げをクリアしなければ、人員を増やすための人件費を確保できない。
こんな事例がある。駅前に立地する店舗で、客数は多いものの客単価は低い。こういう店舗はある程度の従業員数が必要だが、
一定の売り上げにならないと逆に人件費が負担となってしまう。清掃や納品をしようにも忙しい昼間の時間に
人員をさかれるために、深夜に人員をあてることが難しくなるのだ。

「コンビニ=24時間営業」という前提
このようにバランスが崩れたとき、深夜営業が“足かせ”になることもある。防犯という重要な項目すらも無視しなければ
経営が成り立たないという事態になるのだ。これらのジレンマを考え尽くしたとき、誰もが1つの考えに行き着くはず。
「コンビニの24時間営業という前提こそが間違っている」という考え方だ。
売り上げがなければ、深夜に営業する必要はない。深夜1人体制がどうだこうだと考える必要すらない。
売り上げがあれば、さらなる利益を求めて営業時間を伸ばせば良い。ただそれだけのことなのだ。
しかし、この考え方は現在のコンビニチェーンシステムを否定した考え方である。ドミナントによる納品、
発注、売上管理のすべてをシステムに依存している。店舗ごとに納品時間を勝手に決められない以上、
深夜の集中納品を処理する人員がどうしても必要になり、深夜に人員を配置する以上、閉店しておくのはかえって無駄であるとも言える。
24時間営業が当たり前となってしまったコンビニは、表であり裏でもある“メビウスの輪”のようなジレンマを抱えながら、
これからも歩み続けなければならないのだろうか。

4

ぶっちゃけ、24時間をやめて近隣のほかの店の売り上げが爆上げするなんて事が起こったときに責任を取りたくないからだと思う

9

オーナーは儲からないけど本部は儲かる
そういうシステムなんだよ
本部の社員は深夜は寝てるし休みもたっぷり

12

売上(万引き、賞味期限切れを含む)が大きければ大きいほど、

本部が儲かるから。

店舗運営者(オーナー笑い)は生かさず、殺さずでいい。

10年たったらおしまい。

なぜなら、現代の小作人だから。

14

ミニストップが最強
品質、接客、制服どれをとっても高クオリティ

89
>>14
ファミマのすぐ近所にミニストップできたけど悲惨だぞ
恐らく俺が一番売上に貢献してるレベル

16

コンビニ24時間営業が理解できないのはチョン特有だなW

すでに2chでは何度も論説済みだが、
そもそも、日本や世界に古くからあったただの「雑貨店」が、ナゼここ数十年で、一気に「コンビニ店」として花開いたかというのは、
ひとえにその24時間営業のためなのである。

それが理解できないウチは、これからの「店頭消費市場」からドンドン取り残されて行くだろうな。

17

コンビニのオーナーによると、今はオーナーのなり手がほとんどい無くて、
アンケートをとったら 7時~11時ならやる と言う人なら沢山いるんだって、
大都会なら夜中も客が居るが、田舎だと立ち読み客がチラホラなので儲かるとか以前の問題だって、
本部の言い分は 夜間の配送が多いから、どうせ荷受で開けているんだから売れや らしいw
荷受だけで接客が無いのならバイトも集めやすいと思うんだかね、

19
>>17
まあ、オマエが言ってるようなアホが多いよなW
コンビニが時間限定営業したなら、それはただの「ミニスーパー」。
しかも、大型スーパーに比べ品数は極端に少なく、値段も高い。
それでどうして生き残れるんだ?W

47

無駄と言えば無駄なんだけど
夜中でも開いてるってなんか安心感があるし
夜中だけ働きたいって人もいるだろうし
難しい問題だね。

56

田舎の店舗は23-6までは休業して欲しいんだけど。
ほとんど客がいない、1時間に数人しか来ないよ。
赤字時間帯を切捨てて経営を安定させ、長期の店舗維持を図ってほしい。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1447893673/

スポンサーリンク
pon9-レク大
pon9-レク大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
pon9-レク大