こけし収集がブームに、「こけ女」も増殖中。飛行機、ダースベーダー、ミッフィーなどユニークなこけしも注目されてます

post1372-1

【社会】こけし収集が第3次ブームに…「こけ女」全国に増殖中! 飛行機、ダースベーダー、ミッフィーとのコラボも…

伝統こけしに飛行機の要素を加えた「こけし飛行機」(宮城県提供)

post1372-2
「卯三郎こけし」が製作するくまのプーさんのこけし(C)&TM Lucasfilm Ltd.
post1372-3
職人が製作した本格的なこけしを缶詰にした「こけし缶」も人気だ(しまぬき提供) post1372-4
伝統こけしにLEDライトが内蔵された「明かりこけし」。スイッチを入れなくても傾ければ明かりがつき防災グッズとして人気だ(しまぬき提供)
post1372-5
「卯三郎こけし」が製作するミッフィーのこけし(C)Mercis bv
post1372-1
「卯三郎こけし」が製作するダースベーダーのこけし(C)&TM Lucasfilm Ltd.
post1372-6

 東北地方で江戸時代から作り続けられきた「こけし」。
球形の頭に円柱の胴。それだけのシンプルな人形だが、どこか郷愁を呼び起こす。
そんなこけしが今、人気を集め、戦前と高度経済成長期に続く「第3次ブーム」を巻き起こしている。
「こけ女」と呼ばれる女性ファンも多い。
それぞれの流行の背景を探ると、“古き良き日本”を見直すささやかな母国へのプライドが読み取れる。
(玉崎栄次)

古くて新しい“ゆるキャラ”?

宮城県が考案した、あるキャラクターが「キモかわいい(気持ち悪いけどかわいい)」と
評判を呼んでいる。その名も「こけし飛行機」-。

こけしは東北地方発症の工芸品で、宮城県も特産として売り出している。
今回は、仙台空港の利用者増を狙った観光キャンペーンのポスターに描かれたもので、
宮城の特産品でもあるこけしの胴体に主翼や尾翼を付け飛行機にした新たな“ゆるキャラ”だ。

そのシュールさが鮮烈な印象を残す。反響は大きく、県は、こけし名産地の鳴子温泉がある
大崎市のこけし職人に依頼し、2体の実物も製作。完成品は県庁1階で展示している。

こけしブームの到来は、宮城のみに留まらない。
青森県では、「津軽こけし館」(黒石市)でこけしの通信販売を行っているが、
5年ほど前には月わずか2、3件だった注文が、現在は月60件ほどまで激増しているという。

http://www.sankei.com/premium/news/151230/prm1512300009-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/151230/prm1512300009-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/151230/prm1512300009-n3.html
http://www.sankei.com/premium/news/151230/prm1512300009-n4.html
http://www.sankei.com/premium/news/151230/prm1512300009-n5.html

2:

「こけし」 昭和15年に“誕生”

そもそも、こけしとは何か。
日本有数のこけしコレクションを所蔵する「カメイ美術館」(仙台市)によると、
江戸時代末期の文化・文政期(1804~1830年)にはすでに、
東北各地の温泉で作られていたようだ。
山間部の木々で(わん)や盆といった製品を作った余り木を材料にした子供の玩具だったといわれる。
湯治客への土産物にぴったりだった。

「こげす」「きぼっこ」「こげすんぼこ」「おでこさま」「きなきなずんぞこ」…。
東北の地域ごとにさまざま呼び名があったが、昭和15年に宮城県の鳴子温泉で
「全国こけし大会」が開かれ、統一名称として「こけし」と呼ぶことに決まったという。

その形状は、福島県の土湯温泉を中心に発展した「土湯系」や、
宮城県の遠刈田温泉周辺で育まれた「遠刈田系」など東北6県で11系統に分類されている。

「癒やし」「慰め」 こけしに求め

現在のこけし人気は第3次ブームといわれる。では、過去2回の流行はどのようなものだったのだろう。

カメイ美術館の学芸員、青野由美子さんによると、第1次ブームが起こったのは昭和3年。
この年、「こけし這子(ほうこ)のはなし」という一冊の本が出版された。それをきっかけに、
民芸品や骨董(こっとう)品の収集家らの心に火が付いた。

著者は、児童文学者の天江富弥(1899-1984)。こけしを系統別に分類するなど、
初めての体系的な紹介本だった。

当時、こけしに熱狂したのは、文学関係者らインテリ層が中心で、
東京や大阪といった大都市には、有名コレクターも登場した。ブームは戦時色の濃くなる
10年代後半まで続いたといわれる。

続く第2次ブームは戦後に訪れる。昭和30年代後半から40年代前半にかけての
高度経済成長期の頃だ。39年夏には東京五輪が開催される。成長の波は東北にも及び、
大型道路の整備などにより温泉地もにぎわった。
「温泉地の店先に朝並べておくと夕方には完売している」。
そんな証言が残るほどの人気ぶりだった。

第2次ブームは第1次よりも規模の大きなものだった。
ブームの中心にいたのは、当時「企業戦士」「猛烈社員」などと呼ばれたサラリーマンたち。
青野さんは「こけしの素朴さに、仕事の疲れの癒やしや慰めを求めたのではない」と推測する。

3:

こけしの背後に懐かしい「日本」の姿

過去2回のブームには共通項がある。
外来文化の流入や急速な近代化によって、忘れ去られそうになっていた「日本」を、
今一度見直そうというきっかけになっている点だ。

第1次ブームが起こった昭和3年ごろには、ブリキやセルロイドの近代的な玩具が流入し、
伝統玩具が廃れていく時期に当たる。
その流れにあらがうかのように、伝統文化の象徴として、こけしが“再発見”されたのだった。

第2次ブームの際には、高度経済成長に伴う米国文化の流入があった。
「茶の間」は「リビングルーム」に変わり、カラーテレビ、クーラー、自家用車の
「新三種の神器」が普及するなど、近代的な生活スタイルが取り入れられていった。
この時も、こけしは日本人の心のよりどころとされた。

青野さんは
「こけしは懐かしさを感じさせる。折に触れてブームとなるのは、それぞれの時代に、
忘れられがちになっていた『日本』を思い出させてくれるからかもしれない」
と指摘している。

日本文化ってすてきだよね

そして、現在の第3次ブーム。平成22年ごろからにわかにこけしへの注目が高まり、
「こけ女(こけし女子)」と呼ばれる女性ファンを中心に今や流行の真っただ中だ。
各地で開かれるこけしの展示イベントに駆けつけたり、本場である東北地方の温泉にまで足を運んで、
職人とのコミュニケーションも楽しんだり。
こけしへの熱中振りは過去2回のブームに引けを取らない。

宮城県大崎市の鳴子温泉を訪れ、こけしを購入した東京都内の女性会社員(39)は
「こけし作りの工程を見学して、職人と話をした。
一人前になるまで何十年もかかるということを聞き、こけし自体にその純朴さも表現されていると感じた」
とこけしの魅力を語る。

近年、テレビ番組や書籍など日本文化の見直しがトレンド化している。
日本文化を「クールジャパン」と呼び、海外へアピールする動きも強まっている。

現在の第3次ブームも「日本文化ってすてきだよね」という流れの中に捉えることができそうだ。

4:

くまのプーさん、防災グッズ…

一方、ブームの中でこけしの姿も変わりつつある。

創作こけしを製作する「卯三郎こけし」(群馬県榛東村)は、伝統にとらわれず、
新しいこけしの姿を模索する。
オランダ生まれのウサギキャラクター「ミッフィー」や、ディズニーアニメの「くまのプーさん」、
映画スターウォーズシリーズの「ダースベーダー」などを相次いで発表している。
大きさは10センチ余りの手のひらサイズだ。

三代目卯三郎のこけし職人、岡本義弘さん(43)は
「伝統的な形のこけしが似合う床の間は、家庭から減りつつある。
キャラクターこけしならば、
例えば若者が暮らすワンルームマンションの一室にも似合うのではないか」と話す。

明治25年創業の老舗工芸品店の「しまぬき」(仙台市)では、「明かりこけし」を販売する。
見た目は伝統的なこけしだが、地震で転倒すると内蔵されたLEDライトが転倒し、
底の部分から光を発して懐中電灯に早変わりする“防災こけし”だ。

同店では、高さ6センチの缶にすっぽりと入るミニこけしも人気。
普通サイズのこけしに比べ、小さな胴体に大きな頭でかわいらしいが、
しっかりと鳴子系の職人が手作りした本格派だ。

伝統を守りつつ、新たな試みにも挑戦するこけし。
調べれば、調べるほど、奥深い。
想像力を喚起する汲めど尽きせぬ“文化力”こそ、こけしが人を引きつける魅力なのかもしれない。

6:

post1372-2

何考えてこんなもの作ったんだよ。

44:
>>6 
 何万年後かに発掘されてオーパーツとして後の地球人にロマンを与えるためやで
 57:
>>44 
 黄金ジェットみたいなw
 64:
>>6 
 グロイザーXか
 69:
>>6 
 ファッキング・マシーンみたいだ
 90:
>>6 
           /⌒ヽ 
    ⊂二二二( ^ω^)二⊃ 
         |    /       ブーン 
          ( ヽノ 
          ノ>ノ 
      三  レレ
 96:
>>6 
 鼻水吹いたわ 
 これだけで空戦系のスピンオフ作品作れそうだな
 107:
>>6 
  ∧∧ 
 (: ゚Д゚)吹いたww

7:
肥後ずいきブーム来たか(´・ω・)

9:

コケシって子消しだよな

間引いた子供の供養の道具

堕胎が流行ってるのか?

12:
漢字で書くと「子消し」間引かれた子供の替わりにこさえられたもの

15:
東北地方の貧しい農村とかに多いんだっけ

18:
ブームつても大した消費に結びつかないもんな

22:
俺が女でコケ女なんて呼ばれた日にゃ死んだほうがマシだ。

25:
こけし女子じゃなくて、こけ女かw

29:
これってオブジェとかそういうものだとずっと思ってた

30:
こけしブームなんかねえよ

33:
元は「子の化身」という意味。
幼くして亡くなった子や水子の霊を慰めるために作られはじめた。
47:
>>33 
 うん。漢字だと「子消し」だしな。

46:
ダースベイダーとか良さそう

79:
こけし飛行機欲しい
大量生産して通販して欲しい。

88:
ラブライブ!とかのキャラこけし作ればバカ売れ

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1451460731/

スポンサーリンク
pon9-レク大
pon9-レク大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
pon9-レク大